マウスウォッシュと液体はみがきの効能

マウスウォッシュの効果

マウスウォッシュは、マウスリンスともデンタルリンスとも言います。

 

 

マウスウォッシュは、口臭だけでなく、虫歯や歯周病にも効果があります。

 

 

特に、仕事がで忙しときに、お客様と接する前に、口の中をさわやかにして口臭を防いでくれるので、便利です。

 

 

マウスウォッシュは、お口の中でブクブクすすぐだけです。そうすることによって、お口の中のすみずみまで液がいきわたり、効果が発揮します。

 

 

ただ、マウスウォッシュと間違いやすのが『液体ハミガキ』です。

 

 

液体ハミガキについてもお口の中でブクブクするだけでも効果がありますが、口にふくんだ後で歯ブラシで歯を磨いたほうが効果が発揮します。

 

 

マウスウォッシュなのか液体ハミガキなのか、事前に容器の説明をよく読んでおきましょう。

歯磨きの前と後のどっちにやるの?

よくこういう質問がされますが、歯磨きをする時間がない方にとっては、マウスウォッシュだけをしても効果があります。

 

 

また、『液体ハミガキ』の場合は、お口の中でブクブクやった後で、歯ブラシで歯を磨くのが普通です。

 

 

そうでなければ、どちらでもよいと思いますが、私の場合は歯磨きの後にやります。

 

 

歯間ブラシを使うときは、歯磨き・歯間ブラシ・マウスウォッシュの順番でやります。

 

 

つまり、マウスウォッシュは最後の仕上げで使います。

 

 

そのほうが歯ブラシや歯間ブラシで掃除した残りのカスをブクブクすることで洗い流してくれるのと、口の中に爽快感が残って気持ちがいいからです。

 

 

マウスウォッシュをした後のうがいはする必要がありませんが、どうしても気になる方は軽くうがいをするとよいでしょう。

マウスウォッシュの選び方

マウスウォッシュに関しては、いろいろ市販されていますので、ご自分で気に入ったものをお使いになればよいと思います。

 

 

ただ、マウスウォッシュは、歯磨き粉とセットになっているもののほうが効果がより発揮されます。

 

 

私の場合は、就寝前と朝食後は、薬用プロポリスハミガキを使った後に、同じメーカー直販のプロポデンタルリンスを使っています。

 

 

プロポデンタルリンスは、液体ハミガキですが、薬用プロポリスハミガキ(練りハミガキ)と併用する場合は、歯磨きの後に口でぶくぶくやります。

 

 

私はそれで終わりますが、プロポリスの香りが残りますので、気になるようだったら軽く水でうがいすればよいでしょう。

 

 

もう一度、私のやり方をおさらいしますね。

 

 

就寝前:薬用プロポリスハミガキ(練りハミガキ)で歯ブラシ→歯間ブラシ→プロポデンタルリンス

 

朝食後:薬用プロポリスハミガキ(練りハミガキ)で歯ブラシ→プロポデンタルリンス

 

 

特に、就寝前にマウスウオッシュで毎日マウスケアしておくことによって、就寝中の歯周病菌の増殖を抑え、翌朝の口のネバツキ口臭を防ぐことができます。