歯周病とはどんな病気か

成人の8割以上が歯周病にかかっている

30代以降で歯周病にかかっている人は、8割以上います。

 

 

 歯肉炎,歯槽膿漏

 

 

50代になると約半数の人々が、歯槽膿漏になっていると言われています。

 

 

これだけたくさんの方が歯周病いなっているにもかかわらず自覚症状がないために、

発見が遅れてしまいます。

 

 

私のように、妻から『樟脳(ショウノウ)くさい口臭がする』と言われて

初めて気がつくような病気です。

 

 

しかし、ほっておくと歯根が溶けて歯が抜けてしまいます。

 

 

それだけでなく、歯周病の原因となる細菌は、いったん歯周病になってしまうと、

簡単に死滅せず、再発することが多いのです。

 

 

さらに、歯周病は、虚血性心疾患と細菌性心内膜炎などの他の併発症を引き起こす恐ろしい病気です。

 

 

 歯肉炎,歯槽膿漏

 

 

 

それだけに、発見してからは根気強く歯周病と闘っていかなければならないのです。

歯周病とは、歯肉炎と歯槽膿漏の総称のこと

 歯肉炎,歯槽膿漏
 歯肉炎,歯槽膿漏
 歯肉炎,歯槽膿漏

健康な人の場合は、歯と歯茎の間にわずかな隙間があるものの、歯茎に腫れはなく、ピンク色をしてひきしまっています。健康な人でも歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の溝は、1〜2ミリ程度はあります。

 

 

 

歯肉炎にかかっている人の場合は、歯垢(シコウ)の中の細菌により、歯ぐきが炎症を起こして歯周ポケットが3〜5ミリ程度と深くなります。歯肉炎になると、歯茎が赤く腫れ、少しの刺激で出血します。

 

 

歯肉炎が進行し、歯槽膿漏にっかっている人の場合は、歯周ポケットが6ミリ以上になります。そこにひそむ細菌が増殖して、歯茎が炎症をおこしたり膿を出します。やがては歯の土台の骨を溶かし、歯が抜けてしまいます。

 

 

 

 

以上でお分かりのことと思いますが、歯周病とは、歯肉炎と歯槽膿漏の総称のことを言います。

 


歯周病の原因となる歯周病菌の増殖を抑える。

 歯肉炎,歯槽膿漏

歯周病の原因は、歯垢(シコウ)に潜む歯周病菌という細菌です。

 

 

歯垢(シコウ)とは、歯(歯牙)の表面に付着した黄白色の物質のことです。デンタルプラークまたはプラークとも言います。

 

 

右の写真を例にあげると、歯と歯肉(歯茎)の境にある黄白色の物質が歯垢(シコウ)です。

 

 

歯垢(シコウ)の8割が水分で2割が歯周病菌とその代謝物です。

 

 

その歯周病菌が、歯周病を引き起こし、発生するガスが強烈な口臭の原因となります。

 

 

歯垢(シコウ)が石灰質となって歯牙に密着したのが歯石です。

 

 

歯垢(シコウ)は、歯ブラシやデンタルフロスによって大部分除去できますが、

歯石は簡単には除去できません。

 

 

歯科医院では、スケーリング&ルートプレーニングという治療法で歯石を除去しますが、

歯周ポケットの奥の歯石まで完全に取り除くのは難しいと言われています。

 

 

 歯肉炎,歯槽膿漏

 

 

 

私は、週1〜2回、就寝前の歯磨きと歯間ブラシのあとにデントールというパルス水流式電動ブラシを使ってオーラルケアをしています。

 

 

しかし、歯垢や歯石を物理的に除去しても歯周ポケットの奥に潜む歯周病菌は毎日増殖していきます。

 

 

歯科医院では、レーザー殺菌をしてくれるところもありますが、

レーザー殺菌をしても歯の表面にいる歯周病菌を殺菌するだけです。

 

 

実際にレーザー殺菌した直後は一時的に口臭がおさまったように感じますが、

1〜2日後には、またモワッとした口臭がぶりかしてきます。

 

 

歯周病菌の増殖を抑えるには、歯周病菌の餌となる食べカスを、

毎日歯ブラシと歯間ブラシを使って丁寧に除去していくことが大切です。

 

 

そのためには、市販の歯磨き粉ではなく、強力な殺菌力をもったプロポリス配合の歯周病専用の歯磨き粉をつかって歯磨きすることをお勧めします。

 

 

こちらの薬用プロポリス歯磨き粉は、ブラジル産の「ウルトラグリーンプロポリス」という最高級のプロポリスを原料に製造されています。

 

 

歯周病専用歯磨き粉は、毎日のオーラルケアには必需品となるものですので、是非お試しください。