歯周病の強烈な口臭撃退 | オーラルケア実践記 歯周病の強烈な口臭撃退 | オーラルケア実践記

自宅でできるオーラルケアの方法

週1回の歯科医院への通院より毎日のオーラルケアが大切

<h1>歯周病 口臭.プロポリス配合歯磨き粉</h1>

私が歯周病ではないかと思ったのは、妻に

「あなたの口から樟脳(ショウノウ)のような臭いが

する。」と言われたからです。

 

 

それから、市でやっている歯周病検診を受けたところ、歯周ポケットが1〜4ミリほどあるので治療が必要だと診断されました。

 

 

しかし、歯科医院を3件変えながら1年以上通院しましたが、

樟脳くさい口臭だけでなく歯茎からの出血も治りませんでした。

 

そこで、歯科医にたよらずに自分で調べいろいろ試してみました。

 

私は、歯茎からの出血がひどいので、もしかしたら歯槽膿漏ではないかと

思い始めました。

 

それまで通った歯科医院から歯槽膿漏と言われたことはありませんでした。

 

しかし、いろいろ調べていくうちに歯周病とは、歯肉炎と歯槽膿漏を総称した病名

であることが分かりました。

 

歯槽膿漏は、歯肉炎が悪化して歯茎から出血や膿が出てくる病気で、

それが進行すると歯根が溶けてしましい、最後には歯が抜けてしまいます。

 

恐ろしいことに、歯周病にかかっていると他の内臓疾患の原因となることもあります。

 

<h1>歯周病 口臭.プロポリス配合歯磨き粉</h1>

 

 

また、樟脳くさい口臭は、歯の表面の黄色い歯垢(シコウ)に潜んでいる

歯周病菌の1つのギンギバリス菌が発生するガスのせいだということも

分かりました。

 

私が歯周病だと診断されてからは、それまで使ってい歯磨き粉を

歯周病専用歯磨き粉に変えました。

 

 

 

歯科医院の助手から勧められたサンスターのGUMは、

まったく効果がありませんでした。

 

それから、ライオンのデンターシステマEX、小林製薬の生薬、

京都やまちやのなたまめ柿渋歯磨き粉、佐藤製薬のアセスと

次々と試してきましたが、どれも今ひとつでした。

 

結局は、ネットでしか購入できない薬用プロポリスハミガキを

使うようになってからは、口臭がほとんど気にならなくなり、

2ヶ月後には歯肉からの出血も止まりました。

 

 

 

 

 

 


毎日やれる歯周病の強烈な口臭撃退法

私が、歯茎からの出血と樟脳(ショウノウ)くさい口臭を止めるためにやっている

毎日のオーラルケアは次のようなことです。

 

メインは、毎晩寝る前に20〜30分かけてやっていることです。歯周病専門薬用ハミガキで歯を磨き、歯間ブラシで歯を掃除して、最後にマウスリンスでうがいをしています。

 

しかし、誰でも寝ている間に口の中に歯周病菌や雑菌が繁殖して、

翌朝、口のねばつき口臭が残るので、

翌朝も口臭対策が大切です。

 

私は、朝食後に10分ほどかけてさきほどの歯周病専用歯磨き粉で

歯を磨いた後でマウスリンスでうがいをしています。

 

日中は会社で仕事をして、歯磨きに十分な時間をとることができませんので、

マウスリンスでうがいをした後に軽く歯ブラシで磨きます。

 


メーカー直販!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】


 

これが私が今やっている毎日のオーラルケアなのですが、これだけやると

驚くほど口臭が気にならなくなりました。

 

私の妻は、『以前の樟脳くさい口臭は何処にいったのかしら』と言って喜んでいます。

 

おかげで、私が気後れして遠のいていた妻との営みも復活することができました。

 

私が毎日使ってる歯周病専用歯磨き粉はこちらです。

 

少し割高ですが、歯科医院に1回通院するくらいの費用で1ヶ月は使えますので、

お勧めです。

 

 

薬用プロポリスハミガキは、市販の薬局では購入できませんので、

こちらからお求めください。